PR | 美容資格は東京の専門学校で |

わたしと家族は以前関西に住んでいましたが、父が事故で亡くなったことをきっかにそれぞれで暮らすことになりました。父は岡山にある本家と父は交流が絶えていたそうで、倉敷市にある本家の墓地には入らず、住んでいた兵庫県の海での海洋散骨を希望していました。実家は大阪のリノベーション業者に売却し、大学で医術を学んでいる兄は東北大学に進学し、仙台市の長町で外科医の勉強をしています。

私は短大に1年間在籍した後、編入という形を取り、留学エージェントを介してニューヨークにある4年制の大学に3年間留学することにしました。短大の最初のセメスター(学期)の時は、学生寮に入っていました。それ以降は、自由な生活にあこがれて、友人と一緒に近所のアパートの部屋を借りていました。

アメリカンフードと言うと、ハンバーガーにコーラでしょうか?しかし、私の思い描くアメリカンフードは、留学時に体験した寮の食事です。さて、最初のセメスターで寮に入っていた時期の食事は、毎食寮のフードコートで取っていました。最初の頃は、物珍しさに、色々なものを食べては、おいしいと思っていましたが、すぐに飽きるもので、しばらくすると日本食やせめてアジア料理が食べたくて仕方がなくなりました。

さて、アメリカの大学寮のフードコード、こんなものがあります。まず朝食はシリアル、ドーナツ、パン、焼き立てのパンケーキやワッフルなどに、卵料理(オムレツをその場で作ってくれます。)、フルーツ、コーヒーというスタイル。

休日のブランチは時間が長いので、途中でサラダバーや温かいスープもオープンします。夕食はアペタイザー(前菜)系の温野菜やフレンチフライなどの揚げ物系、メインの温かいおかず(チキンカツなど)、それにデザートとしてアイスクリーム食べ放題。アメリカの大学生の間には、フレッシュマン15という言葉がありますが、大学一年生の時に15パウンド体重が増えてしまうという例えです。それくらい寮での生活をしていると太ってしまうのです。

たまに米食が恋しくなる時があり、そんな時は、寮ではなくアパート暮らしをしている友人の部屋で日本食をふるまってもらったり、中華料理のデリバリーをしたりしていました。中華料理は、大体どの町でもデリバリーをやっていたので、渡米中何度も利用しました。

どんなに小さな町にもあったので、その頃はアジア人の救いだとしか思っていませんでしたが、今考えると、アメリカ文化に本当に浸透していたのだなと思います。デリバリーをやっているところは、大体食べ放題もやっていたので、アジア人だけでなくアメリカ人も良く利用していました。

PR|英語上達の秘訣お家の見直ししま専科健康マニアによる無病ライフマッサージのリアル口コミ.com生命保険の選び方住宅リフォーム総合情報AGAでお悩み解決ゴミ屋敷解消Q&Aカウンセリングのお悩み解決サイト新築一戸建てを建てる時に読むサイト